道南バスの洞爺湖ー札幌線は一般路線だよね?








先日、某テレビ番組で「日本列島高速バス乗り継ぎ縦断の旅」という番組が放送されていました。
高速バスを乗り継いで長崎から札幌までを目指すという内容。

バス好きとしてはなんとも楽しそうな旅で、私も一度はこんな旅をしてみたいなと思いました(笑)

しかし、高速バスの旅といいつつも、最後の一本が何ともグレーゾーンな展開に・・・

といいますのは、高速バスとして扱うのには不適切だからです
 
一行は、順調に北を目指し、苫小牧から北海道に上陸。
番組ルールにより、苫小牧ー新千歳空港ー登別温泉バスターミナルー洞爺湖温泉バスターミナルと進んでいきました。

ここまでは何の文句も無いれっきとした高速バスです。

そして最後、洞爺湖温泉バスターミナルから札幌に向かいました。
しかし、ここが問題!!
なぜなら、洞爺湖ー札幌線は高速道路を通らないからです。
というより、高速道路がこの区間には存在しません





洞爺湖ー札幌線は、道南バスにより運行されており、国道230号線をひたすら走り続ける路線です。
車両こそ高速バスタイプの車両が運用(オンエアではエアロエースでした)されますが、全区間が一般道の走行。
つまりは、一般の路線バスであり、高速バスではありません。

道南バスのホームページでも、高速バスとは別に郊外路線として案内されていますので、正真正銘、高速バスではありません。

しかし、交通新聞社から発行されている「高速バス時刻表(写真は2013年版です)」には、この路線が掲載されています。
繰り返しますが、この路線は一切高速道路を走行しません

にもかかわらず、高速バス時刻表には掲載されている・・・
まさか、この路線、高速乗合バスとしての扱いなんて事はないですよね・・・?

ちょっと調べてみると、実は高速バスには法的に明確な提議が無いそうです。
ただ、一般的には概ね50㎞以上の走行距離で、大部分が高速道路を走行する路線と言われているようです。

では尚更、道南バスの洞爺湖ー札幌線は高速バスではないはず。

ブログをご覧頂いた皆様の中で、この路線について何かご存じの事、法的に高速バスの事が詳しい方がいらっしゃいましたら、是非コメントをお寄せ下さい!!

20160919234234216.jpg

2016091923423792d.jpg











YouTubeアカウント
Twitterアカウント
Instagramアカウント
Instagram
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR