FC2ブログ

大阪空港交通 フルカラーLED車



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1587145640535506"
data-ad-slot="9502529391"
data-ad-format="auto">



鉄道ではすっかりお馴染みになってきた、フルカラーによるLED方向幕。

近頃では、少しずつではありますが、路線バスにも登場し始めてきました。
なかなか新鮮な気分にさせられますが、見やすさといったらピカイチです!!

ところで、フルカラーLEDを備え付けた高速バス車両はあるのか???と思っていましたら、、、

先日、伊丹空港に用があった際に見つけました!!

大阪空港交通です!!

おそらく、最近入った新車だとは思いますが、今後の新車にも採用されるのか気になりますね。

DSC_0162.jpg


DSC_0161 (1)







グランドリーム金沢号 乗車記

格安の青春ドリーム号から、高級志向のドリームルリエ号まで守備範囲の広いJRバス。

この中間層に位置するのが「グランドリーム号」です。
ちょっと贅沢なバス旅をしたい!そんな時にピッタリな高速バスです。

今回は、東京ー富山・金沢間「グランドリーム金沢号」の東京発乗車記をお届けします!!


style="display:block"
data-ad-format="fluid"
data-ad-layout-key="-89+1m-dp+en+hq"
data-ad-client="ca-pub-1587145640535506"
data-ad-slot="2150874753">




始発の上野駅入谷口は、22時10分発。
上野駅と東京駅八重洲口が東京側の乗降扱いの停留所となり、
謎に上野駅を発着する路線になっています(笑)


無題







テレビなどでよく映る上野駅の側道を進んだ先に、ちょっと地味な入谷口改札があります。
入谷口改札前に、ポツンとJRバスのバス停が立っており、グランドリーム金沢号はここから出発します。
バス停周辺には、コンビニが2店舗あるので、乗車前の買い物にも便利です。


さて、出発15分前頃に入線し、改札が始まります。
上野駅からは私を含め3名が乗車しました。


DSC_0002_20171005005359ec4.jpg


楽天トラベル



車内は、独立3列シートで、JRバス自慢のオリジナルシート「クレイドルシート」で、最高級のドリームルリエ号のベースになったシートです。

プライベートカーテンにコンセント、スリッパ、更には大きくてフカフカなブランケットも用意されており、快適な居住環境を保てるアイテムが揃っています。もちろん、トイレも設置されており、安心できる移動も保障されています。








DSC_0005_20171005005402b31.jpg







DSC_0004_20171005005401153.jpg




DSC_0006_20171005005404072.jpg







DSC_0007_20171005005405b47.jpg



ところで、座席上にこんな紙が置かれています。
読んでみると、快適な車内空間を保つ為に、休憩場所出発時には人数確認をしないという内容・・・
やはり、乗合バスとして長い歴史でもって運行してきただけに、定時運行への意識は特に強く感じますね。
他社のバスでも、「休憩場所出発時には人数確認をしません」と案内はよく聞きますが、この様に文章にすると、なかなか説得力があり、個人的には好感持てました。


DSC_0008_201710050054072a9.jpg



定刻に上野駅を出発し、一般道を走り東京駅へ。
ここで8割位の座席が埋まり、再び一般道を走り練馬インターを目指します。

関越道に入り、最初の休憩場所、上里SAに到着。
ここで20分の休憩です。
富山地鉄バスの富山方面のバスもここで休憩していました。


上里SAから約1時間走ると、上信越道の東部湯の丸SAに到着します。
ここでは、解放休憩はなく、乗務員交代のみの停車です。

ところで、グランドリーム金沢号、実はワンマン運行なんです!!
本来であれば、東京ー北陸方面の運行距離では、ツーマン運行の距離になりますが、JRバスでは安全の取り組みの一つとして、集中力が途切れる前に業務を終了する、途中交代を、JRバス関東、西日本ジェイアールバス、ジェイアール東海バスのほぼ全ての路線で実施しています。

グランドリーム金沢号の場合、東京側から東部湯の丸SAまでをJRバス関東の乗務員が、東部湯の丸SAから先は西日本ジェイアールバスの乗務員が担当します。


DSC_0009_20171005005408144.jpg




DSC_0012_20171005010433498.jpg


早朝5時過ぎ、最後の休憩場所の有磯海SAに到着です。
ここでは、WILLER EXPRESSの富山・金沢方面の便と休憩が重なりました。

高速バスWILLER EXPRESSのシート一覧


有磯海SAを出発後、約50分で富山駅に到着。
今回は富山で下車しました。

金沢行きなので仕方無いのでしょうが、富山到着が6時なのは、かなり早いですね(笑)
この時間では空いている店も殆ど無いのでなかなか苦戦しますが、黒部方面への観光の際には、朝早くから移動できるので、使い勝手が良いのかもしれません。。。


それにしても、快適すぎたグランドリーム金沢号。
WEB予約の割引もあって、お値段は6570円!!
他社便では、同区間でトイレなしで、6000円前後の便もあると考えると、グランドリーム金沢号は、
非常にコスパの高い高速バスであると思います。

JRバスが力を入れている「グランドリーム」
今後更に地方路線への運行に期待したいです。









YouTubeアカウント
Twitterアカウント
Instagramアカウント
Instagram
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR