高速おたる号は便利すぎる高速バス!?

都市と都市とを移動するのに、大抵の場合は、鉄道や航空機での移動が圧倒的な速さを誇りますが、
速さと高い利便性、この二つを兼ね備え、明らかに高速バスの利用が便利な区間があります。

その一つが、北海道・札幌ー小樽間ではないかと思います。

この間を走る高速バスが「高速おたる号」です。






北海道中央バスとジェイアール北海道バスの2社により運行されていますが、
なんといっても運行本数の多さには圧巻されます!

ラッシュ時間帯には、重複区間である高速いわない号と合わせると、2~5分おきに発着する過密ダイヤ!!

並走するJR函館線の列車でも、ラッシュ時はおおよそ10分おきの運行ですので、
高速おたる号の本数の多さが際立っている事が分かります。

ここまで本数が多いと、バスの発着時間に合わせて乗り場に行くのではなく、
乗り場にいくと、すぐにバスが来るという、システムが成り立ちます。

s_DSC_0065.jpg


高速おたる号は、円山経由、北大経由、望洋台経由の3系統が運行されており、
札幌駅前ターミナル、中央バス札幌ターミナル、小樽駅前ターミナルはもちろんのこと、
札幌市内・小樽市内の各所に細かく停留所が設置されています。

わざわざ最寄りの駅まで行かなくとも、近くのバス停から、
札幌・小樽方面へと向かうことができます。


s_DSC_0064.jpg


s_DSC_0038.jpg






それでいて、札幌市内から小樽市内までの運賃が、概ね610円と、同区間のJR線よりも、
30円安く、極めて利便性の高い高速バスではないかと思います。





ちなみに、高速おたる号として運行している便については、トイレ無しの車両ですが、
同区間を相互利用できる、高速しゃこたん号と、高速ニセコ号は、
トイレ付車両での運行となるので、より一層、札幌ー小樽間を快適に移動できるかと思います。



style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1587145640535506"
data-ad-slot="1306678245"
data-ad-format="auto">



s_DSCPDC_0001_BURST20171115145100174_COVER.jpg



スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

YouTubeアカウント
Twitterアカウント
Instagramアカウント
Instagram
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR